※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「よみがな」、「ふりがな」、そして「ルビ」という言葉は、日本語の文字や単語の読み方を示すために使用されますが、それぞれ少し異なる意味を持っています。

よみがな(読み仮名)

これは一般的に、単語や文章の上または横に小さな文字で書かれるカタカナまたはひらがなのことを指します。

よみがなは、読者がその言葉の読み方を理解できるようにするために用いられます。

これは教科書や辞書などで一般的に見られます。

ふりがな(振り仮名)
ふりがなもまた、単語の読み方を示すために文の上に小さなカタカナやひらがなで書かれるものです。

しかし、ふりがなは特に漢字の読み方を示すために使われることが多いです。

子供向けの本や日本語学習者向けの教材などでよく見られます。

るび(ルビ)
ルビは、主に漫画や児童書で使用される、単語の上または横に付けられる小さいサイズのカタカナやひらがなです。

ルビは、読者が難しい単語や珍しい漢字の読み方を理解できるようにするために使われます。

ルビは技術的にはふりがなの一種ですが、特に漫画や児童書で使用される際にこの用語が使われることが多いです。

これらの違いは微妙であり、
特に「よみがな」と「ふりがな」はしばしば互換的に使われますが、
それぞれが少し異なる文脈や用途で使われることがあります。

 

おすすめの記事