※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

コリアンダーとパクチーについての混乱は、主に呼称と使用部位に関するものです。

この二つの言葉が指すのは、実際には同じ植物、つまり学名でCoriandrum sativumとされるセリ科の植物ですが、地域で異なる呼び方をされています。
それぞれの用途や地域、料理など詳細を整理しましょう。

 

コリアンダーとパクチーの違い

根本的な違い
根本的な違いは、使用される部位と地域による呼称の差にあります。
「コリアンダー」という用語が種子または植物全体を指すのに対し、「パクチー」という用語は特に葉を指すことが多いです。

風味の違い
葉は強い香りがあり、人によっては石鹸のような味がすると感じることがあります
。一方、種子は柔らかい柑橘類のような風味があり、料理に深みを加えます。

コリアンダーとは

用途
この用語は、主に西洋でその植物の乾燥した種子を指すのに使用されます。
種子は香辛料として料理に使われ、独特の甘くスパイシーな風味を加えます。

また、植物全体、特に葉や茎を指して使われる場合もあります。

地域
ヨーロッパや北米では、葉を「コリアンダーの葉」と呼ぶことが多く、種子を単に「コリアンダー」と呼びます。

料理
乾燥種子はカレー粉、スープ、ピクルス、パンの焼き物などに用いられます。
新鮮な葉はサラダ、ソース、ガーニッシュに使われることもあります。

パクチーとは

用途
パクチーは、特にアジア地域で新鮮な葉や茎を指すのに使われる用語です。
この部分はその香りが特徴的で、多くのアジア料理に欠かせない食材です。

地域
東南アジア、中国、インド、中南米などでは、新鮮な葉を「パクチー」またはそれに類似した名前で呼びます。
日本では、主にこの新鮮な葉を指して「パクチー」と呼んでいます。

料理
生の葉は、フォーやタイのサラダ、インドのチャツネ、メキシコのサルサなど、さまざまな料理に使われ、独特の風味を添えます。

まとめ

コリアンダーとパクチーは、同じ植物の異なる部位やその使用法に対する地域による異なる呼び名です。
料理においては、これらの部位は互いに補完し合い、さまざまな文化の料理を豊かにしています。

 

おすすめの記事