※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

お酒、特に日本酒における「特級」「一級」「二級」という分類は、醸造用アルコールの添加量や原料米の精米歩合など、製法の違いに基づいています。

ただし、この分類法は2004年に廃止され、現在は使用されていません。

代わりに「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」などの分類が使われていますが、古い分類について説明します。

特級酒とは
特級の日本酒は、最も品質が高いとされていました。

これは、使用される米の精米歩合が非常に高く(つまり、米をより多く削り取っている)、醸造用アルコールの添加が少ないか全くないことを意味していました。

特級の日本酒は、風味が豊かで、米の味わいが強い特徴を持っていました。

一級酒とは
一級の日本酒は、特級に比べると若干品質が劣るとされていましたが、それでも高品質のお酒とされていました。

一級の酒は、特級よりも少し低い精米歩合で製造され、醸造用アルコールの添加量も多少は許容されていましたが、依然として質の高いお酒と見なされていました。

二級酒
二級の日本酒は、特級や一級に比べるとさらに精米歩合が低く、醸造用アルコールの添加量も多くなっていました。

これは、もっとも手頃な価格の範囲で提供されるお酒であり、日常的な消費に適しているとされていました。

この分類法は、

品質と製法の違いを消費者に伝えるためのものでしたが、より多様な品質基準と製法を反映するために、新しい分類法に移行しました。

現在では、純米酒や純米吟醸酒などの分類が、日本酒の品質と特性を示すために使われています。

おすすめの記事