※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「傷」と「怪我」は日本語でよく使われる言葉ですが、その意味には微妙な違いがあります。

傷 (キズ)
この言葉は一般的に肌や表面に発生する軽微なダメージを指します。

例えば、紙で指を切った場合や、物にぶつかってできた小さな切り傷や擦り傷などが「傷」と呼ばれます。

これは外見的な損傷に重点を置いており、比較的軽度の損傷を意味します。

怪我 (ケガ)
「怪我」はもっと広範囲にわたる損傷を指し、通常はより重大なダメージや身体への影響を含みます。

骨折、打撲、深刻な切り傷、筋肉や関節の損傷など、体内の部位に影響を及ぼす場合も「怪我」と呼ばれます。

この言葉は体の深部に及ぶダメージや、より深刻な医療的介入が必要な状況を含むことが多いです。

 

要するに、
「傷」は比較的浅い外見的なダメージを指し、
「怪我」はより深刻または広範囲の身体的損傷を意味します。

ただし、日常会話ではこれらの言葉が互換的に使われることもあります。

おすすめの記事