※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「穢れ」と「汚れ」は日本語における2つの異なる概念です。

汚れ (よごれ)
この言葉は文字通りの意味で、物理的な不純物や汚染を指します。

例えば、泥で汚れた服、油で汚れた手などがこれにあたります。

汚れは通常、洗浄や清掃によって取り除くことができます。

 

穢れ (けがれ)
穢れはより精神的、宗教的、または象徴的な概念です。

日本の伝統的な文化や宗教(特に神道)において重要な役割を果たしています。

穢れは、不浄、不純、または神聖なものとの調和を乱す何かを指し、死や病、罪などがこれに該当することが多いです。

穢れは物理的な汚れとは異なり、祓い(はらい)や清めの儀式によってのみ取り除かれると考えられています。

 

簡単に言えば、
「汚れ」は目に見える物理的なもので、洗って取り除くことができます。
「穢れ」は目に見えない精神的または霊的な状態を指し、特定の儀式や行動によってのみ浄化されるとされています。

おすすめの記事