※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「観賞」の「観」は「観る」の意味で、楽しむために見ることを示している。
「観賞植物」や「観賞用の魚」のように、自然のものや風景を楽しむために使われることが多い。

 

一方、「鑑賞」の「鑑」は、詳しく見て評価することを意味する。
「音楽の鑑賞」や「アートの鑑賞」のように、芸術的な作品を深く理解して楽しむために使われる。

 

 

例えば、エンターテインメント映画は「映画観賞」と言い、アート映画は「映画鑑賞」と言う。

舞台の場合も、軽いコメディは「観賞」、深い内容のものは「鑑賞」と表現する。

 

ただ、エンターテインメントが深いメッセージを持つ場合や、アートが楽しい場合もあり、これらの用語の使い方は一概には言えない。

 

さらに、アート展示では通常「鑑賞」という言葉が使われるが、気軽に楽しんでほしいという思いから「観賞」という言葉が選ばれることもある。

観賞と鑑賞の使い方の違いをまとめと例文

「観賞」と「鑑賞」は、日本語でよく使われる言葉ですが、その使い方やニュアンスには違いがあります。

 

観賞
意味:物事を見て楽しむこと。
使い方:主に自然のものや風景、娯楽的な内容を楽しむ際に使用される。
例文:「桜の花を観賞する」「観賞魚を飼う」「アクション映画を観賞する」

鑑賞
意味:芸術作品などを深く理解し、その価値や美しさを味わうこと。
使い方:主に芸術や文化的な内容を深く理解して楽しむ際に使用される。
例文:「美術館で絵画を鑑賞する」「古典音楽のコンサートを鑑賞する」「詩の読み聞かせを鑑賞する」

 

このように、同じ「見る」という行為でも、その目的や内容によって「観賞」と「鑑賞」のどちらを使うかが変わります。

おすすめの記事