※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

教皇の不可謬性(infallibility)は、カトリック教会の教義の一つで、特定の条件下で教皇が信仰や道徳に関する教えを発する際、誤りを犯さないという信念です。

この概念は、カトリック教会において重要な役割を果たしています。

不可謬性の基本原則

適用範囲
不可謬性は、教皇が全世界のカトリック信徒に対して信仰や道徳に関する最終的な決定をする場合にのみ適用されます。

日常的な発言や意見、教皇が科学や政治などの非宗教的な問題について述べる場合には適用されません。

条件

教皇が不可謬性の権威を行使する際には、その教えが「ex cathedra」(教皇座からの)として明確に宣言される必要があります。

これは、教皇がカトリック教会の最高指導者として、意図的にかつ公式に教義を定める場合に限られます。

歴史的背景

教皇の不可謬性の概念は、1870年の第一バチカン公会議で正式に教義として採用されました。

これは、カトリック教会の教義の一貫性と権威を保つためのものです。

実例

実際に「ex cathedra」の宣言が行われた例は非常に少なく、最も有名な例は1950年の聖母マリアの被昇天(アッシュンプシオ)の教義定義です。

重要性と論争

カトリック教会内での重要性

この教義は、カトリック教会の統一と教義の一貫性を保つために重要です。
教皇の権威と教会の教えの信頼性を強化する役割を果たしています。

論争

他のキリスト教派や非キリスト教徒の間では、この教義はしばしば誤解されたり、批判の対象となることがあります。

特に、個人の不可謬性を認めることに対する批判や、教義の解釈に関する議論があります。

教皇の不可謬性は、カトリック教会の特有の教義であり、その理解はカトリック教会の信仰と教義の枠組みの中で最も適切に行われます。

おすすめの記事