※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

あなたは、ベランダ、バルコニー、テラスの間の具体的な違いを知っていますか?

この記事では、これらのしばしば混同される用語について、分かりやすく説明します。

また、各空間に最適な外装商品や実例を紹介するので、自宅の新築やリノベーションの際の参考にしてください!

ベランダ、バルコニー、テラスの違いとは?

ベランダ、バルコニー、テラスはすべて家に隣接する屋外のスペースを指しますが、どのような違いがあるのでしょうか。

実はこれらには明確な定義が存在します。それについて詳しく見ていきましょう。

ベランダとバルコニーの違い

まず、ベランダとバルコニーの最も大きな違いは屋根の有無です。

階数に関しては定義が曖昧で、場所によって異なる分類がされることがあります。

英英辞書で見ると、ベランダは階数に言及がないのに対し、バルコニーは「上階にある」とされています。

一般的には、ベランダもバルコニーも2階以上のスペースと考えられがちですが、屋根の有無で区別すると理解しやすいでしょう。

例えば、家の2階に設置する際、屋根の有無を考えて選ぶと良いでしょう。
洗濯物を干す場合は屋根のあるベランダが便利ですが、日光を楽しむ場合はバルコニーが適しています。

ベランダとテラスの違い

次に、ベランダとテラスの違いについてです。

ベランダは通常、屋根がある2階以上のスペースを指し、テラスは1階に隣接する屋根のないスペースです。

テラスは広々としており、子供やペットの遊び場、BBQの場所、趣味のスペースとして多用途に活用できます。

バルコニーとテラスの違い

最後に、バルコニーとテラスの違いは階数にあります。

バルコニーは2階以上、テラスは1階の屋根のないスペースとなります。

これらは共に屋根がなく、明るく開放的な空間ですが、必要に応じて後付けで屋根を設置することも可能です。

まとめ

ベランダは「2階以上の屋根付きスペース」、バルコニーは「2階以上で屋根のないスペース」、テラスは「1階の屋根のないスペース」という違いがあります。

おすすめの記事