※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「怖い」「恐い」「強い」はいずれも「こわい」と読みますが、それぞれにはどのような違いがあるのでしょうか?

語源や使い方を交え説明します。

 

怖い(こわい)とは?

「怖い」という言葉は、恐怖を感じる状態を表します。
何かに対して恐れを抱いたり、不安を感じたりするときに使われます。

語源
「怖い」の語源は、古代日本語の形容詞「こはし」にさかのぼります。この「こはし」は、驚きや恐れを表す意味を持っていました。時代を経て、「こわし」と変化し、現代日本語の「こわい」となりました。

例文
「その映画はとても怖かった。夜中に見るのはおすすめできない。」
この例文では、映画が引き起こす恐怖や不安感を表現しています。

恐い(おそろしい)とは?

「恐い」は、「怖い」と同様の意味で使われることもありますが、こちらはより深刻な、あるいは圧倒的な恐怖や畏怖を表すことが多いです。

語源
「恐い」は、「おそるし」という古語から派生しました。「おそるし」は、恐れる、怖がるといった意味を含み、「おそろしい」はさらに強い恐怖や畏怖を感じる状態を指します。

例文
「その台風は非常に恐ろしい威力を持っていた。」
ここでは、台風の強大な力やそれによって生じる危険を強調しています。

強い(つよい)とは?

「強い」は、力があること、耐久性が高いこと、または効果が強いことなど、「強さ」を指します。

語源
「強い」の語源は、古代日本語の形容詞「つよし」に由来します。「つよし」は、力がある、丈夫であるという意味を持ち、時間が経過するにつれて「つよい」となりました。

例文
「彼は非常に強い意志を持っている。何に対しても諦めない。」
この文では、人の精神的な強さ、つまり意志の強さを示しています。

まとめ

これらの単語は文脈によって異なる意味合いを持つため、使用する際にはニュアンスに注意が必要です。

特に、「怖い」と「恐い」は似ていますが、後者はより重い感情や状況を指すことが一般的です。

それぞれの言葉の背景にある歴史や文化を理解することで、言葉の意味をより深く把握することができます。

ただし、非公式な文書ではどちらを使用しても良いですが、「恐い」は非常用漢字なので、公式文書では「怖い」の使用が推奨されます。

おすすめの記事