※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

模倣の実験を指して、「シミュレーション」または「シュミレーション」と言う人がいる。どちらの言い方も伝わるが、正確な発音は一方だけに存在する。

 

 

「simulation」という英単語が日本語に翻訳されると、「シミュレーション」となるのが適切である。だから、「シュミレーション」は誤った形である。

しかし、多くの人が「シュミレーション」と発音する。
それは、「シミュ」という音が日本語スピーカーにとって発音しにくいからだ。

例えば、「コミュニケーション」を「コミニケーション」と言うように、特定の音が難しいと感じられることがある。
特に「シミュ」はその中でも特に困難である。

一方、日本語には「シュ」の音が頻繁に存在するため、発音しやすい。
その結果、「シミュ」の音が「シュミ」の音に変わったと考えられる。
実際、少数ではあるが、「シミレーション」と発音する人もいる。

音の順序が変わることを「音位転換」と称し、例えば「feminism」が「フェニミズム」と発音されることも似た現象である。

このような音位転換は日本語にも見られ、「雰囲気」を「ふいんき」と読むこともそれに当たる。実際、言葉として定着しているものの中には、音位転換の結果として生まれたものが多く存在する。

おすすめの記事