※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

履物のファッションは時代と共に変化し、女性に人気の靴のスタイルとして「ミュール」、「サンダル」、「パンプス」がありますが、これらはどのように異なるのでしょうか。

「ミュール」「サンダル」「パンプス」の違い

「ミュール」は、
つま先がカバーされ、かかとが露出しているヒール付きの靴です。

元々は室内用の履物として使われていましたが、デザインの進化により、屋外でも使えるおしゃれな靴として普及しています。

通常はかかとが高く、脱げにくい設計が特徴です。

 

一方、「サンダル」は、
足全体を覆わない通気性に優れた履物で、多くの場合かかとに留め具があります。

サンダルはもともと足の保護のために作られましたが、現代ではファッションアイテムとしても重要な位置を占めています。

 

「パンプス」は、
足の甲が大きく開いたデザインで、つま先とかかとの周囲だけが覆われています。

当初は舞踏会用に作られたものですが、今ではさまざまなデザインやヒールの高さがあり、日常生活でも幅広く使用されています。

これら三つの靴は、
ミュールはつま先が覆われている点、
サンダルは通気性が高い点、
パンプスは甲が大きく開いている点

で区別できます。

「ミュール」「サンダル」「パンプス」の由来

ミュールの由来

ミュールの名前はフランス語の「mule」から来ています。
これは「スリッパ」を意味する言葉です。

ミュールはもともと室内で使用される履物として発展しました。
16世紀ヨーロッパで高貴な家庭で愛用され、その後、ファッションアイテムとして進化しました。

18世紀には、より装飾的で豪華なデザインが特徴的でした。
近代に入ってからは、室内外で使用されるスタイリッシュな履物として普及しました。

サンダルの由来

サンダルは非常に古い歴史を持つ履物で、古代文明であるエジプト、ギリシャ、ローマなどで使用されていました。
サンダルの語源はギリシャ語の「sandalon」に由来し、この言葉は更に古代ペルシャ語にルーツを持っています。

古代のサンダルは主に足を保護する目的で作られ、皮革や木材などの自然素材で作られていました。

文化や時代によって様々なスタイルが存在し、宗教的、社会的地位の象徴としても使用されました。

パンプスの由来

パンプスの名前はおそらく17世紀中頃の「pompes」というフランス語に由来しています。
この言葉は、元々は男性用の礼装用靴を指す言葉でした。

パンプスは当初、男性用のダンスシューズとして用いられ、その後女性用の履物として普及しました。

19世紀には、女性の社交ダンスシューズとして広く採用され、足を美しく見せるデザインが特徴でした。

20世紀に入ると、より日常的なファッションアイテムとして一般化し、多様なスタイルで展開されるようになりました。

おすすめの記事