※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

この記事では、日本語の動詞「分かる」「解る」「判る」の微妙な意味の違いと使用法について掘り下げます。

これらの言葉は一見似ていますが、それぞれ独自のニュアンスを持ち、異なる文脈で使用されます。

これらの言葉の意味の違いを理解し、適切な状況で正しく使い分けるようにしましょう。

 

「分かる」「解る」「判る」それぞれの意味や違い

「分かる」「解る」「判る」は日本語で似た意味を持つ動詞ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。

分かる

この言葉は、理解することや物事の意味や理由がはっきりすることを指します。

例:「この問題の答えがやっと分かった。」
ここでは、「分かる」は一般的な理解や把握を意味しています。問題の答えが理解できたことを表しています。

解る

「解る」は「分かる」と似ていますが、より深い理解や解析、解釈を伴う場合に使われることが多いです。

例:「彼はその複雑な数学の定理を解ることができた。」
この例では、「解る」は深い理解や専門的な分析を伴う状況で使われています。複雑な数学の定理を理解し、解析することを示しています。

判る

「判る」は「分かる」とほぼ同じ意味ですが、判断や識別、評価を伴う場合に使われることがあります。

例:「その古い絵画が本物か偽物かは、専門家に判ってもらう必要がある。」
ここでの「判る」は、専門的な評価や識別を伴う場合に使われています。絵画が本物かどうかを判断することを指しています。

これらの違いは微妙で、日常会話では「分かる」が一般的に使われることが多く、他の二つはより専門的な文脈や書き言葉で見られることがあります。また、これらの違いは文脈や地域によっても異なることがあります。

「分かる」「解る」「判る」の使い分け方

「分かる」「解る」「判る」の使い分けについては、それぞれの語が持つニュアンスや文脈に応じて異なります。以下に、それぞれの使い分け方を示します。

分かる

最も一般的に使われる表現で、理解すること全般に適用されます。
日常的な会話や一般的な文章で広く使われる。
物事の意味や理由がはっきりするときに使います。

例:「彼の話が分かる」「この問題がよく分かる」

解る

より専門的、学術的な文脈や深い理解、分析、解析が必要な場合に使われます。
数学や科学の問題を解く、複雑な理論を理解するなどの場合に適しています。

例:「数学の問題を解る」「彼の理論がよく解る」

判る

判断、識別、評価を伴う文脈で使われることが多いです。
正しいか正しくないか、本物か偽物かなどを判断する場合に用いられることがあります。

例:「本物かどうか判る」「正しい答えが判る」

これらの違いは細かく、日常会話では「分かる」が最も広く使われ、他の二つは特定の文脈や書き言葉での使用が多いです。

「分かる」「解る」「判る」の英語表現

「分かる」「解る」「判る」の英語表現を紹介します。
これらの日本語の動詞は、英語では似た意味の言葉を使って表現されることが多いですが、文脈に応じて異なる表現を選ぶことが重要です。

分かる
英語では "understand" や "comprehend" が一般的です。

例:「この問題の答えがやっと分かった。」→ "I finally understood the answer to the question."

解る
専門的な理解や分析を表す場合は、"figure out" や "solve" などが使われます。

例:「彼はその複雑な数学の定理を解ることができた。」→ "He was able to figure out that complex mathematical theorem."

判る
判断や識別を意味する場合には、"determine" や "discern" が適しています。

例:「その古い絵画が本物か偽物かは、専門家に判ってもらう必要がある。」→ "It's necessary to have an expert determine whether that old painting is authentic or a forgery."

 

まとめ

この記事では、「分かる」「解る」「判る」という日本語の動詞の違いと、それぞれの適切な使用法を詳細に解説しました。

「分かる」は一般的な理解を、「解る」は深い分析や理解を、「判る」は判断や識別を伴う文脈で使用することが理想的です。

日常会話では「分かる」が最も頻繁に使われる一方で、「解る」と「判る」はより専門的な状況や書き言葉での使用が一般的です。

 

また、これらの言葉が英語でどのように表現されるかについても説明し、言語間のニュアンスの違いを明らかにしました。

 

おすすめの記事