※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

「押印」「捺印」「押捺」とは、すべて印章(はんこ)を使用する行為に関連する用語です。
英語では、ともに"Seal"または"Stamp" と翻訳されます。

しかし、それぞれに微妙なニュアンスの違いがあります。
ニュアンスの違いは次の通りとなっています。

押印(おういん)
「押印」は一般的に、公的な文書や重要な書類に印章を押す行為を指します。
法的な効力を持たせるために使用されることが多く、公印や会社の印章が用いられることが一般的です。

文書に正式な認証を与える意味合いが強いです。

 

また、文学的には比喩的な使用されることもあります。
たとえば、「彼の作品には独特のスタイルが押印されている」といった形で、比喩的に「特徴を強く印象付ける」という意味で使われることがあります。

捺印 (なついん)
「捺印」は、印章を紙に押し付ける行為を指しますが、こちらは「押印」よりも少しカジュアルなニュアンスを持ちます。
個人の印鑑を日常的な文書や領収書に押す場合などに使われることが多いです。

しかし、「捺印」も公的な文書に用いられることがあり、その場合は「押印」と同じような意味合いで使用されます。

押捺(おうなつ)
「押捺」は「押印」と「捺印」の両方の意味を含むことが多く、印章を文書に押す一般的な行為を指します。

この言葉は、特に公的・非公的を問わず、印章を押す行為全般を指す際に使用されます。

まとめ

これらの用語は、文脈に応じて使い分けられることが多いですが、実際にはかなり重複して使用されることがあり、特に「捺印」と「押印」は互換的に使われることが多いです。
ただし、より正式な文書や場面では「押印」という表現が好まれる傾向にあります

おすすめの記事