人々を集める行為には共通性がありますが、「召集」と「招集」には細かな違いがあります。

「召集」は、上位の立場の人が下位の者を呼び出す際に使われる敬意を表す表現です。
例えば、天皇による命令や、戦時下での兵士の動員命令などがこれに当たります。

これに対し、「招集」は平等な関係の中で人々を呼び寄せる時に用いられます。

 

具体的には、国会の開会に際して天皇が議員を集める行為は「召集」と表され、これは内閣の助言と承認に基づくものです。
一方で、地方議会や自衛隊のように、天皇の直接的な命令ではない場合は「招集」という言葉が適しています。

 

一般的な場では「招集」が頻繁に使用され、「召集」は国会や旧日本軍に関連する特定の公的な文脈に限られます。
他人を呼び出す際に上位に立つような印象を与える「召集」は、適切な場面で慎重に使うべきでしょう。

おすすめの記事