※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

暑い夏につい手が伸びる栄養ドリンクやエナジードリンクをなんとなくで選んでいませんか?
栄養ドリンクとエナジードリンクには違いがあります。
こちらでは、各々の違いと含まれる成分、選び方などを紹介します。

栄養ドリンクとエナジードリンクの基本的な違い

栄養ドリンク
分類: 医薬品または医薬部外品。
目的: 疲労回復や栄養補給。
成分: ビタミン、タウリン(疲労回復に役立つアミノ酸)、生薬(自然由来の成分)、カフェインなど。
例: 日本で人気の「リポビタンD」や「アリナミン」など。

エナジードリンク
分類: 清涼飲料水。
目的: 気分転換やエネルギーの迅速な補給。
成分: アルギニン(アミノ酸の一種)、カフェイン、糖類、ビタミンなど。
例: 「レッドブル」や「モンスターエナジー」など。

成分の特徴と効果

成分 効果
ビタミンB群 疲労回復、眼精疲労、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ
ビタミンC 抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康をサポートする
アミノ酸 筋肉疲労の回復や栄養補給に有効
タウリン 疲労回復や肝機能の強化に役立つ
カルニチン 脂肪燃焼を助ける
生薬 かぜ予防や疲労回復に使われる自然由来の成分
カフェイン 眠気の解消や集中力の向上に効果的

 

選び方のポイント

1.自分のニーズを理解する: 疲れを感じる場合は栄養ドリンク、気分転換が必要な場合はエナジードリンクを選ぶ。
2.成分をチェックする: 効能や成分を確認して、自分に合ったものを選ぶ。
過剰摂取に注意: 特にカフェインの摂取量には注意が必要。

まとめ

栄養ドリンクは疲労回復や栄養補給を目的とし、エナジードリンクは気分転換や迅速なエネルギー補給を目的としています。
自分の体調や必要に応じて適切なドリンクを選ぶことが重要です。

また、成分の理解と過剰摂取に注意することも大切です。

おすすめの記事