※ 当サイトではアフィリエイト広告が含まれます。

鮭(天然、加熱用)

「鮭」とは、天然で捕れた鮭のことを指し、主に加熱して食べます。
これは、天然の鮭に寄生虫のアニサキスがいる可能性があるためです。
アニサキスは加熱処理によって消滅するので、天然の鮭は安全に食べるために加熱する必要があります。

加熱用鮭のレシピ例

鮭のホイル焼き:鮭の切り身に塩、こしょうをして、野菜と一緒にホイルで包み、オーブンで焼きます。
鮭の味噌煮:鮭を味噌ベースの煮汁で煮込みます。これにより、鮭の旨味が引き出されます。

サーモン(養殖、生食用)

「サーモン」とは、養殖された鮭のことを指し、生で食べることができます。
養殖されたサーモンは人工飼料を食べるため、アニサキスの寄生のリスクが低く、生食が可能です。

生食用サーモンのレシピ例

サーモンのカルパッチョ:薄切りにしたサーモンにオリーブオイル、レモン汁、塩、こしょうをかけて提供します。

サーモンの寿司:新鮮なサーモンの切り身をシャリの上にのせて、寿司として楽しみます。

鮭とサーモンの違いの背景

天然の鮭は、餌としているオキアミなどによってアニサキスが寄生することがあります。
これに対し、養殖されたサーモンは人工飼料を食べるため、アニサキスのリスクが低いです。

このため、天然の鮭は加熱して食べる必要があり、養殖されたサーモンは生で食べることができます。

1986年にノルウェーから日本に養殖サーモンが伝えられた際、生で食べられることを強調するために「サーモン」という名前で売り出されました。
これが定着し、現在では加熱が必要な天然ものを「鮭」生で食べられる養殖ものを「サーモン」と区別して呼ぶようになりました。

鮭を「サケ」と「シャケ」と呼ぶのは?

どちらも鮭を指す日本語の言葉ですが、使われる文脈や意味に若干の違いがあります。

サケ:一般的には、鮭の生魚や生きている状態を指すときに使われます。
例えば、川を遡上する鮭や、寿司や刺身で使われる生の鮭を「サケ」と呼ぶことが多いです。

シャケ:これは主に、加工された鮭、特に塩漬けや焼いた鮭を指す際に使われます。
家庭での食事や定食屋で提供される焼き鮭を「シャケ」と呼ぶことが一般的です。

どちらが「正しい」ということはありません。
どちらも正しい用語であり、使われる文脈や状況に応じて使い分けられます。
このような言葉の使い分けは、日本の食文化や言語の特性に根ざしています。

おすすめの記事